• 1011月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    東京のギャラリーでペルシャ絨毯の世界にふれる

    皆さんはペルシャ絨毯を御存知でしょうか。

    あるいはお持ちでしょうか。

    この絨毯の素材は、主に羊毛ですが、その羊の品種は多様で、コルクウールやマンチェスターウールなどの羊があります。

    その歴史は大変古く、紀元前550年~紀元前330年頃に、古代イランに栄えたアケメネス王朝時代の絨毯が最古の物として現存されています。

    その後長い長い時代と歴史の中で、ペルシャは王朝が幾度となく変わったり、宗教も変わったりした事から、ペルシャという国と共に、絨毯も栄枯盛衰を続けました。

    現代では、ペルシャ絨毯の主な原産国はイランで、その手織りされた製品の総額が4.2億アメリカドルに上った事もあります。

    そして日本でも親しまれていますが、東京メトロ日比谷線沿線にある某店は、ペルシャ絨毯のコレクションをギャラリーで行っています。

    オリエンタルな雰囲気に満ち溢れたルーム内には、絨毯の数々が展示され、そのデザインは実に細やかで鮮やか。

    ペルシャ絨毯の空気を思う存分楽しめる、東京都内でも代表的なギャラリーです。

    東京の専門店でペルシャ絨毯の世界にふれる(1)

    東京都武蔵野市にある某有名店は、その店内いっぱいにペルシャ絨毯が展示され、ペルシャ王朝の雰囲気に満ち溢れています。

    製品はすべて直輸入、ペルシャ絨毯と一言で言っても、イラン国内だけでその産地は様々に広がっています。

    北西部のタブリーズ、中北部のコム、中央部のイスファハン、中央部のナインと、それぞれの都市や地方で生産され、ペルシャ絨毯の四大産地と位置付けられています。

    それぞれの絨毯を簡単に紹介しましょう。

    タブリーズ産は上質のシルク(絹)やウール(羊毛)を使用して作られ、そのデザインには「ナクシャ」と呼ばれる花柄が有名で人気の高さを誇ります。

    コム産の絨毯はコムシルク産とも呼ばれ、高いシルクを使用して作られた高級絨毯として世界的に有名です。

    イスファハン産はシルクとウールを主に使用して綿密に織られ、草木染によるカラフルなデザインです。

    そしてナイン産は上質なウールを中心に織り上げ、ベージュやブルーのデザインによる高い完成度を誇ります。

    東京都内でも有数なお店ですので、ぜひ一度足を運んでみましょう。

    東京の専門店でペルシャ絨毯の世界にふれる(2)

    東京都内を貫く東急東横線沿線のお洒落な店が軒を連ねる中に、東京を代表するペルシャ絨毯で有名なそのお店はあります。

    お店いっぱいに展示されたペルシャ絨毯の数々は、愛好家の方にとってはたまらない至福の空間と時間でしょう。

    商品はすべて原産国イランからの直輸入、上質感たっぷりの最高級の商品がずらりと顔を揃えています。

    そのデザインも多種多様で、明るく華やかな色彩や、少し華やかさを抑えた色彩、古代からの信仰と崇拝を集めた神秘的な色彩まであり、ほとんどが草木染めによるデザインです。

    近年は価格の安い化学染料が使用される事が多く、草木染めによるデザインは、数少ない貴重な存在となりました。

    でも貴重な存在であるからこそ、その美しさには、作った人の高い技術と真心が込められているのでしょう。

    東京でペルシャ絨毯を購入

    それだけではなく、しなやかさや丈夫さ、心地よい肌触りも第一級です。

    ぜひ手に取って購入すれば、我が家にペルシャ王朝や王侯貴族がやってきた気分になるでしょう。

Comments are closed.