• 233月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    レーザスクライブ装置

    ガラスを切断する手法のひとつにレーザスクライブという方法があります。
    その昔、ガラスの加工職人が一般家庭で使用するガラスを切断する場合、刃の表面にダイヤモンドが取り付けられた特殊なカッターを使用していました。
    硬質の金属であるダイヤモンドによりガラスの表面を削って溝をつける事でガラスを切断するという仕組みです。
    最近では一般生活において強化ガラスや超薄型のガラスを使った製品がかなり増えています。
    例えばスマートフォンやタブレット端末、薄型の液晶テレビのディスプレイなどに使われるガラスなどです。
    レーザスクライブ装置とは、これらのガラスにレーザーを照射して傷のような線を入れて切断する特殊な装置です。
    以前のように切断する際に細かいガラス屑の破片が発生する事なく、短時間で分断処理が可能なので、現在はこの方法が主流になっています。
    液晶ディスプレイの製造過程において、強化ガラスや超薄型のガラスの切断に欠かせない装置なのです。

    レーザスクライブという方法

    一般生活において身の回りには非常に多くのガラス製品が存在しています。
    例えばテレビの画面は誰もが耳にしたことのある液晶ディスプレイといわれるものです。
    また広く普及しているスマートフォンの画面も特殊な強化ガラスを使用しています。
    これらの薄型や強化ガラスを切断する方法がレーザスクライブという方法です。
    具体的にはレーザーによる熱の照射と冷却によりガラスの表面が収縮するため、そこからガラスを切断するというものです。

    これにより細かいガラス破片が発生することが無く、切断した表面の再研磨の必要もなくなるので時間も大幅に短縮されました。
    今では精密機械にも安心して使用することができる画期的な方法として主流になっています。
    最新の技術を駆使して開発されたレーザスクライブ装置により、ガラスの分断が著しく進歩して分断面もより自然できれいな状態に仕上げることが可能になり、高品質なガラス製品の大量生産を実現することに成功しました。

Comments are closed.