• 093月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    廃棄も文書保管に任せることが可能

    一度文書保管をお願いしたけれど、その書類が必要なくなってしまうことも考えられます。
    しかし、自分の手で破棄するのが不安な場合は、それも企業に任せてしまいましょう。
    多くの企業では、文書保管だけではなく、その後の書類の処理まで受け付けてくれます。
    ですからもう必要がないと判断したら、返却してもらわずに、そのまま破棄してもらうのが安全な方法だと言えるでしょう。
    専門の企業では、きちんとした方法で書類を処分します。
    管理同様、そこから外部に情報が漏れる心配もありません。
    重要な書類だからこそ、適当な方法で処分するのは絶対にやめてください。
    正しい方法で処分しないと、情報漏洩に繋がってしまいますので会社にとってデメリット部分が大きくなってしまいます。
    また、「預かった書類を正しく処分しました」という内容が書かれた証明書も発行してもらえます。
    それを確認するとさらに安心できると思うので、必要があればそれも忘れないでもらえるよう頼んでください。

Comments are closed.