• 043月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    新入社員研修の基本的な講座とその費用

    みなさん希望の会社の内定をもらった後まずやることと言ったら、新入社員研修ですよね?新入社員研修は、企業の業種によっても様々違いがあります。
    企業、団体、官公庁それぞれでも違います。
    どの業種の研修にもある基本的な講座はビジネスマナーです。
    ビジネスマナーは社会人としての基本的な動作を身につけるために勉強します。
    普段の身だしなみやクールビズの身だしなみなどを考えるのです。
    挨拶の基本も学びます。
    身内だけでなく時には外部の人へも挨拶する機会が増えると思うので、ここでしっかり基本的な挨拶のマナーを学びます。
    また言葉遣いも重要です。
    上司にはしっかり敬語が使えるよう言葉遣いを練習します。
    そして結構重要な電話対応の仕方もこの講座で学べます。
    電話の一言目が会社の顔とし見られるのです。
    丁寧な対応をしなければなりません。
    その他も色々とありますが、これらの費用はその研修が会社からの指示なら会社負担となります。
    逆に採用者の自主的参加の研修であったならその費用は自分で払う場合もあります。

    企業・団体別の新入社員研修の費用

    企業・団体別の新入社員研修について説明したいと思います。
    ビジネスマナー講座は基本として必ずあります。
    企業・団体の研修ですが、企業の業界業種によって研修内容は大きく変わります。
    医療業界向けの研修であったり、介護関連向けの研修であったり、他にも保険業界、銀行業界などがあります。
    また業務内容によっても研修内容は違います。
    例えば営業課に勤めるなら営業研修というのがあります。
    営業のためのノウハウとスキルを基本からしっかりと実践式に学べるカリキュラムです。
    これらにかかる費用についてですが、日程数によって費用は違うので一概には言えません。
    ほとんどの場合会社負担になります。
    新入社員は、この新入社員研修でまずは基礎的なことを学ぶことこそが、社会人生活への第一歩となると思います。
    挨拶や服装、上司への言葉遣い、電話対応、来客への応接マナーなど基本的なビジネスマナーをしっかり勉強しましょう。
    そして企業・団体の業界業種別の研修もしっかり頭に入れて、有意義に仕事が出来るようにするのです。

    官公庁対象の新入社員研修の内容と費用

    官公庁対象の新入社員研修は、採用者一人一人の教育が重要になっています。
    官公庁の仕事は、行政サービスを担う職員一人一人が、住民の期待に応えていかなければならないのです。
    そのためには、社会人として基本的なマナーや動作が必要になってくるのです。
    新入社員研修には、ビジネスマナー、コンプライアンスの理解、新人の仕事の進め方、クレーム対応などがあります。
    ビジネスマナーは来客応対の基本や名刺交換、案内・見送りの仕方など様々あります。
    コンプライアンスの理解という研修は、ルールの遵守を勉強します。
    次に新人の仕事の進め方ですが、依頼を受けるときの対応、報告や相談などを学びます。
    そしてクレーム対応の研修がある企業も多いです。
    これら研修に掛かる費用は、負担してくれる企業がほとんどです。

    また3、4日程かかる研修も中にはあるので、企業にとってはそれ相応の費用が必要にはなります。
    官公庁に勤める方は、基本的なビジネスマナーや仕事の進め方などを理解してから社会人として活躍出来るようになりましょう。

Comments are closed.