• 233月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    様々なチャレンジを通して社会貢献を果たす保健科学研究所

    医療の最前線に関わり、人の命と向き合っている保健科学研究所。
    人の今と未来の研究をする上で切り離せないのが環境問題。
    文明の発達は地球環境を著しく悪い方向へ導いてしまったということを踏まえ、自然環境の中で何よりも命に関わる水をテーマに研究を充実させているようです。
    水に対しても人と同じく最新鋭の機器を駆使して分析や検査を繰り返し、人に優しい自然に優しい水を送り出そうと日々研究を続けています。
    国内で環境問題と双璧した問題となっているのが高齢化問題。
    これに対処すべく立ち上げた事業が介護事業と言われています。
    ただただお年寄りのケアをしているわけではなく、お年寄りたちが一番望む生活を送らせてあげながらそのバックアップをしていくというスタンスでこの問題に取り組んでいるようです。
    そのほか、自然いっぱいの北アルプスではダチョウを放牧。
    高級バッグのイメージが強いダチョウですが、そのほか様々な用途を試行していると言います。

    そして、何より未来を見据え、グローバルになりつつある社会環境に対応できる子供達の教育にも力を注いでいます。
    こういった多種多様の取り組みをしている保健科学研究所から目が離せません。

Comments are closed.