• 293月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    貸店舗を考える前に、東京という大都市についてちょっと調べると

    貸店舗をどこにするかと考える前に、東京という都市のことを知っておきたいと思う。
    ネットなどで調べれば、人口は1300万人を遥かに超える大都市であることが分かる。
    時代を遡れば、1868年大久保利通の提案により江戸から「東京」となった。
    現在では先程述べた通り人口が多く、都市単位の経済規模(GDP)ではニューヨークを凌ぎ世界最大の都市であり、そして世界最大のメガシティと評価される。
    住み良い世界の都市ランキングでも上位に位置し2015年では第1位に輝いている。
    要点を纏めると、ザッとこういったことが目に付いた。
    こんな素晴らしい世界に誇れる場所に店舗を持つとは、それだけでもワクワク出来ることである。
    しかし気を付けなければならないことは、こんな東京であるから「どこに店舗を構えても同じだろう、繁盛するだろう」という安直な考えである。
    そういう考えがあったら、それは甘いということである。
    東京と雖も、ライバルの存在も確かにある訳でそれに打ち勝っていくには、やはり貸店舗の「場所」というものを常に考えなくてはなるまい。

    東京での貸店舗の位置

    何も難しいことは考えなくて良いのだ。
    何事もシンプルにいけばいいのだ。
    店舗がどういうところに位置すればいいか、ということを考える際には勿論、それぞれ業種によって決まることが大きいと思う。
    自動車やトラックを使用、利用する店舗であれば、東京でも国道など大きな道路に近い位置が流通に便利だろうということは誰でも分かる。
    これら車など必要ない業種であれば、駅から割と近い方が便利でいいだろう。
    店舗の来客が電車利用し易いことを考えるとそうなる。
    貸店舗などというものはその道のプロに訊けば、直ぐに解決出来るのだろう。
    でも自分で考え、決めていこうとする作業も大事だ。
    考えた結果、最後にプロに仕上げとして訊いてみるということがベストであり、この方が抜けのない最適な場所というものが見つかるだろう。
    経営者の思いというのは次第に店舗や会社の業績に反映されることになる。
    会社の為を思うと、何よりも会社や仕事に対する情熱が一番大事なのである。
    東京での貸店舗でも同じことなのである。

    地方創生の東京、貸店舗への影響

    これからも東京は発展していくだろうと予測する。
    政府の掲げる「地方創生」によって多少の企業や省庁は地方へと移転されるだろうが、その流れも限定的かもしれない。
    やはり首都としての機能を保つには一箇所に集まっている方が便利で動き易いと思う。
    余りにも地方へと分散してしまっては不便極まりない。
    それが進めば日本もどうかしてしまうかもしれないと思う。
    大都市から地方へという政策を私は賛成するが、やはり要所だけは集まっていた方がいいという意見である。
    だから貸店舗を考える際にも、こういった流れもあるが、今までもこれからも東京は変わらない、だから安心して心落ち着けて場所を決めればいいと思うのである。
    東京という場所はライバル他社も非常に多いが、成功する可能性も高い。
    貸店舗を東京で見て回る
    全国各地や世界からも人が集中してくる大都市なのである。
    世界のナンバーワン人口の都市なのである。
    是非とも地理をよく考え、貸店舗をこの東京で見つけ出し、成功して欲しいと願うのみである。

Comments are closed.