• 144月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    動画制作の仕事って?

    近年、いろいろな場面で動画制作が活躍する機会が増えてきています。
    結婚式や誕生日の大切なイベントはもちろん、企業用CM、ミュージックビデオ、ゲームやスマホアプリなどテクノロジーの進化にともなって活動範囲も広がりつつあり、今後さらにいろいろな形で映像クリエイターが増えていくのではないでしょうか。
    でも実際にどんな仕事をしているかというのはあまりイメージがつかないですよね。
    今回は、そんな動画制作を仕事にするために必要なプロセスを紹介したいと思います。
    映像クリエイターといっても大きく『制作担当』と『技術担当』の2種類に分かれます。
    プロデューサーやディレクターと呼ばれる人たちが全体の指揮をとり、CGや編集、カメラマンなど各分野のプロフェッショナルを企画された映像の細部まで作り上げていきます。
    『映像クリエイター』とまとめるのは簡単ですが、動画制作の現場ではそういった各分野の職人たちが力を合わせて一つの作品を作り上げているのです。
    いかがでしたか、動画制作業界のことを少しでも理解してみると、今まで街中で何気なく見ていた映像もまた違った見え方がするのではないでしょうか。

Comments are closed.