• 108月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    仙台市でのコールセンター増設と派遣求人率の上昇の関係

    派遣求人率がここ数年急上昇している地方都市があります。
    宮城県では東日本大震災以降、復興特区の認定を受けた市町村、特に仙台市や石巻市では復興特区としてコールセンター、データセンターやBPOオフィスなどといった情報処理産業を誘致する活動を展開しています。
    特にコールセンター設置では固定資産税が10年間免除になる規模の好条件での誘致があり全国の民間企業から仙台市復興特区への申請が相次いでいます。
    おなじような環境に札幌市が挙げられます。
    コールセンターやBPO関連の施設が急増するのと比例して仙台市や札幌市の求人も急上昇しました。
    そこで派遣業者を悩ますのが人材確保。
    日本全国インターネット環境が整備され普及されている現在は昔のように電話一本で・・・などといった単純な問い合わせでは済まなくなっており、電話対応だけではなく、ファクシミリや電子メールやチャットなど様々な
    仙台のコールセンターに派遣
    メディアからの問い合わせにも対応できるよう業務内容が複雑化しています。
    あらゆる媒体の対応ができる派遣の人材がコールセンターでは求められており、特に仙台ではそれに加えて最新の設備を使いこなせる派遣社員の確保に四苦八苦しているようです。

Comments are closed.