• 308月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    就職先の一つとしてハンナンを候補に考える

    世間では、過去最大の就活売り手市場などと言われるようになりました。
    私は来年就職活動があるのですが、このような話を聞くとやっぱり欲が出てしまうというもの。
    昔から食肉関連の仕事に就きたいと思い、いくつか候補を考えているのですが、その一つがハンナン株式会社でした。
    有名な企業である以上、倍率も高く、条件はかなり厳しいかなとずっと思っていましたが、就活生に有利な今だからこそ、狙う価値がある。
    そう思うのです。
    もちろん、有利だからと言って、油断をしてどうにかなるわけではないでしょう。
    有利だからこそ、ハンナンについてしっかり調べて、自分がどのように会社に貢献できるかをアピールして、認めてもらえる可能性を引き上げる必要性があると言えるでしょう。
    しかし、恥ずかしながら今の私はハンナンについて食肉関係の企業であることしか知りません。
    まだまだ時間はあるので、この機会を活かしてしっかり調査し、見事、就活を成功させたいと思います。

    お肉と笑顔とハンナンと

    私がハンナンに就職したいと思うようになったのは、お肉を食べる行為がコミュニケーションに大きな影響を与えることが理由でした。
    日本における食肉文化が庶民に普及したのは、牛鍋あたりからだと思われますが、その時代から現在に至るまで、お肉をメインで食べる際には、かなり高い確率で多人数で食べることが多いのです。
    多人数で食べるということは、必然的にコミュニケーションをとる必要性が出てくるわけで、例えば、バーベキューをしているような場合を想像すると、イメージがつきやすいのではないかと思います。
    ハンナンのように商売として食肉の流通に携わるということは、間接的に人のコミュニケーションを支援することにつながると考えています。
    そして、おいしいお肉があれば、雰囲気も良くなりコミュニケーションもとりやすくなることは容易に想像がつきます。
    私はハンナンに入社し、人々のコミュニケ—ションの手助けをしていきたいと考えています。
    志望動機を聞かれたらこのように答えてみようと思っていますが、いかがでしょうか。

    ハンナンの食品の安全に対する取り組みを見てみた

    実際にハンナンについて調べていくうちに、今まで知らなかった企業の姿や取り組みについて知ることができました。
    食肉業と一言で言うのは簡単でも、実際のところ、牛なのか豚なのかそれとも別の動物なのかで取り扱う肉の種類が異なるだけではなく、それが国産なのか輸入品なのか、さらには、それが加工品なのかなど、これまでただ食べていた側としてざっくばらんに考えていたようなことが、実は細かく分類されていることがわかりました。
    食肉の世界の魅力を知ることができたような気がします。
    また、ハンナンの業務について調べていくうちに気になったのが、品質への取り組みについての意識が高いことでした。
    取引先が豊富なハンナン
    食品の安全が広く叫ばれる中、ハンナンのように高い意識を持って、お客様に商品を届けることの大切さについて考えさせられるような気がしました。
    もし、自分がハンナンに入社することができたら、安全、かつ、おいしいお肉を人々に届け、たくさんの人を笑顔にできるようにしたいと思いました。

Comments are closed.