• 208月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    知っておきたい名古屋インプラント治療の種類

    多くの患者さんが信頼して来院できる歯科医院は名古屋では多くありますが、インプラント治療もそのひとつです。
    インプラントには大きく二つあって「一回法」と「二回法」があります。
    「一回法」は手術を一回のみ行います。
    まず歯肉を切開してインプラントを埋め込みますが、このとき1ピースタイプのものを使用し一部を歯肉の上に露出した状態にします。
    このあと顎の骨と結合する期間を経て短期間に被せ物を装着します。
    歯肉の切開は一回だけなので患者への負担が少なく手術時間も短縮できます。
    ただし顎の骨がしっかりあることが条件と骨再生の併用では若干、感染症のリスクがあります。
    「二回法」は手術を二回行うため患者への負担が大きいですが2ピースタイプを使うため、あらゆるケースに適合できますし、歯肉を閉じ治癒期間を長く設けるので感染の可能性が低いと言われます。
    このように名古屋ではインプラント治療に欠かせない診断、治療技術、メンテナンスをしっかり行う歯科医院があり、患者さんからも信頼されてます。

Comments are closed.