• 108月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    長く薪ストーブを使っていくための煙突手入れ方法

    冬場に欠かせないストーブを長期間安全に使用していくためには、ストーブに使っている煙突の掃除やメンテナンスを定期的に行う必要があります。
    手入れを欠かさず行うことで、燃焼に安定感を持たせることはもちろん故障などのトラブルも事前に防止できます。
    ここでは安全に掃除が行える造りの住宅に設置してある、もしくはプランの内容がシンプルな方向けに、自分でできるお手入れ方法を紹介します。
    お手入れの目安は一年に一度、ブラシを使用して内部の汚れをしっかり取るようにしましょう。
    また少しの汚れであっても火災などの事故を招く原因になりかねないので、隅々まで掃除を行って下さい。
    また一見汚れが少ないように見えても、実はひどい汚れだったという場合もあります。
    危険な事故を防止するためにも、必ず内部の掃除を行うように心掛けましょう。
    もし自分で手入れを行うことが難しい、煙突の状態に不安があるという時は無理をせずに業者に手入れを依頼して下さい。

Comments are closed.