• 1310月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    洗面ボウルを使ってみよう

    まず洗面ボウルを使ってみましょう。
    洗面ボウルとは、手を洗ったり洗顔したりするための容器です。
    蛇口の下に設置するのが通常で、お湯や水を受けるための容器でもあります。
    プラスチックやガラス、ステンレス、ほうろうなどがあります。
    種類はたくさんあり、カウンターに載っているタイプや、カウンターに埋め込まれているタイプなどがあります。
    陶器製の物や石で出来ている物もあり、素材もたくさんの種類があるのです。
    洗面セットを作るには、5つ程のパーツが必要になります。
    いくつかを紹介します。
    まずは水栓です。
    水だけが出る単水栓や、湯水が出る混合水栓があって、これらの形は様々なので、ボウルに合ったものを選ぶのが良いと言われています。
    次はボウルです。
    カウンター型だったり壁付け型だったり、種類は様々なので、自分が理想としているボウルに出会えることができます。
    ボウルによって使用するタイプが異なるので、注意です。
    3つ目は排水栓です。
    ポップアップ式の排水栓は蛇口に付いている場合は、別の排水栓を購入する必要はありません。
    洗面ボウルの大事なパーツでした。

    たくさんの種類がある洗面ボウル

    種類がたくさんある洗面ボウルですが、カウンター式の洗面器の種類についてご紹介します。
    まずはハイクオリティ洗面器です。
    これはフラットな面とストレートなラインで構成された洗面器で、造形はとてもシンプルなのに空間をさりげなく引き立ててくれます。
    次は、ベッセル式洗面器です。
    これはカウンターに据え置くようなスタイルの物です。
    よく見かけるスタイルです。
    次はアンダーカウンター式洗面器です。
    これはクリスタルボウルとも呼ばれています。
    シャープで繊細な印象のもので、クリスタルを使用しています。
    次はアンダーカウンター式洗面器です。
    これはカウンターの下に固定するように付けるスタイルの洗面器となっています。
    これもよくお店などで見るものです。
    次はセルフリミング式洗面器です。
    これは手の位置をカウンターよりも下にすることで、水が跳ねにくくなるのです。

    最後は、歯磨きボウルです、これはコップを使用しないで口をすすげるもので、上向きの吐水となっています。
    これらが、洗面ボウルや洗面器の種類紹介です。

Comments are closed.