• 1612月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    施設以外で介護する場合の家具のポイントは安全性と使い安さ

    施設ではなく、自宅で介護をする場合に必要な家具の要素として大切なのはやはり使いやすさと安全性です。
    介護用品である以上、当然安全なように設計されていますが、それを置く部屋によっては注意した方が良い場合があります。
    例えば、使用するベッドに対してそれを置く部屋が狭かったりすれば、通路が妨げられ転倒の危険性が生まれる事もあり得ます。
    ですから、ベッドなどを選ぶ前にそれを設置する場所をよく確認し、介助者が動きやすいように通路を片づけるなどの下準備は大切です。

    また、使い方を誤れば手を挟んだりすることもあるので、必ず選ぶ前には実際に触ってみて使い方をしっかり確認しましょう。
    一度自分で使ってみると使いやすさも確認できるので販売店のショールームや同じものを使っている施設を訪れることをおすすめします。

    念仏宗

    もちろん、それも一種の家具ですから個人の趣味や部屋との調和など、デザイン的な部分も気になるところですが、介護家具の場合はやはり機能性の方が優先です

Comments are closed.