• 231月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    化粧水で嫌なニキビ跡からおさらば

    ニキビって、できると痛いですよね。
    それに見た目も良くないし、ニキビができると外に出たり人に会うのが嫌になってしまいます。
    写真や動画なんて言語道断。
    そんなニキビが治ると、すごく嬉しい気分になりませんか?でもそんなとき残念な気分になるのが、残ってしまったニキビ跡。
    なかなか治らないんですよね。
    でも、もしもこのニキビ跡が化粧水で治るとしたら、嬉しくありませんか?実は、ニキビ跡の中には化粧水で治るものがあるんです!ニキビが治った跡に肌に赤みだけが残ってしまう場合、そしてニキビの跡が紫や茶色のシミとして残ってしまう場合、このような場合には、化粧水を用いることで改善することが可能なんです!毎日のスキンケアでニキビ跡をどうにかできるなんて、まさに夢のような話ですよね。
    では、一体どういったものを選べば良いのか、ですが、これを知るためには、一体どうして跡が残ってしまったのか、という原因を知っておく必要があります。

    赤みタイプのニキビ跡にはこの化粧水成分が効く!

    この赤みタイプ、そして色素沈着タイプのニキビ跡は、共にターンオーバーの乱れと紫外線によるダメージが原因とされています。
    化粧水でこれを直すためには、こう言った原因にしっかりアプローチできるものであることが重要になってきます。
    つまり、適切な成分を選ぶこと、ですね。
    では順番に必要な成分を観ていきましょう。
    まず、赤みタイプのニキビ跡には、ターンオーバーの正常化と抗炎症作用の二点が含まれる成分が必要になっていきます。
    まず効果敵なのは、ビタミンC誘導体。
    これは余分な皮脂をおさえる上に美白作用もあるので後を直すのに有効です。
    それから、グリチルリチン酸も有効です。
    これには、炎症を抑える働きがあります。
    天草から抽出される肌に優しい成分なので、肌が弱い人でも安心して使っていただけます。
    肌にできたニキビ跡を化粧水でうまく治すには
    それから、サリチル酸も必要な成分です。
    殺菌作用で炎症を抑える上に肌のターンオーバーを促してくれます。
    これらが赤みニキビ跡を改善するための化粧水に必要な成分です。

Comments are closed.