• 062月
    Categories: 未分類 コメントは受け付けていません。

    品川区の粗大ごみに関しての話

    今回は、品川区の粗大ごみに関しての情報をお伝えしましょう。
    ですが、実は私、品川区には住んではおりません!依頼を受けたので文章にするといった感じです。
    そこで、私の考えと共に、お伝えしていこうかと思っています。
    では、品川区で定めている粗大ごみとは、どのようなものか説明をしましょう。
    役所の情報を確認すると、だいたい30センチメートル角のごみは、すべて粗大ごみとして処分する必要があるみたいです。
    タンスやテーブルといった、ほとんどの家具の場合はソレにあたります。
    ごみの収集は、各地方自治体によって、まったく違うものなので、引越しなどをする場合には、事前に、ごみに関する情報は確実にチェックしておいたほうが良いです。
    その収集方法なのですが指定日に収集場所に持って行くといった感じになっています。
    もちろん、収集日では無い日に持って行って、勝手においていった場合には犯罪行為にあたる場合もありますので、品川区の指示に従って粗大ごみを出すように注意しましょう。

    申し込みをしてから品川区役所の指定通りに粗大ごみを出そう!

    品川区の粗大ごみに関する話なのですが、他にも収集する場合のルールがあります。
    収集場所には勝手に出してはいけないとお伝えしました。
    ですから役所の受付センターに申し込みをする必要があります。
    直接電話で連絡をするか、インターネットで、区役所のホームページから「収集申込ボタン」を押して、申し込みの手続きフォームに入力してください。
    そうすると収集日や手数料などの指定がありますので、しっかりと確認をして収集場所に持っていくようにしましょう。
    そこで、ただ持ち込んで良いわけではありません。
    かならず「品川区有料粗大ごみ処理券」を貼って持ち込むようにしましょう。
    処理券は、掲示されている商店やコンビニエンスストアなどで取り扱っていますので、購入するようにしてください。
    それから、家電リサイクル法で定められている家電や、家庭用のパソコン、またはそのパーツ、オートバイなど収集できないものもありますので、事前にホームページで確認をするか、受付センターへ連絡をして聞くと良いでしょう。

    粗大ごみとして簡単に捨てずに品川区のリサイクルセンターへ

    ここでひとつ問題があるのですが、年寄りの人や障害を持った人の場合は、家具などは持ち運びが困難なものかと思われます。
    そこで、品川区では、そういった人に対する「運び出し収集」をおこなっています。
    該当する人は、受付センターへ申請をすることで、収集作業をしている業者が、粗大ごみを回収に来てくれますので、相談をしてみてください。
    それから、品川区では、簡単に粗大ごみとして収集場所に持ち込むのではなく、捨てずに次の人に使ってもらうようにと、リサイクルセンターの紹介もしています。
    贈答品などで、もらったけど使わない場合は、リサイクルセンターに買取ってもらったほうが、良いと思われます。
    また、ホームページには、さまざま情報が載っていますので、記載されていることが分からないといった場合には、適当に考えずに、区役所に連絡をして聞いてみてください。
    ここまで、品川区でおこなっている、粗大ごみの回収に関する話してきました。
    粗大ごみは、燃焼することも難しい場合があり、単に埋め立てられる場合も多いです。
    粗大ごみを品川区で出す場合
    これからの未来を考え、環境に配慮しなければなりません。
    そういったことで、私的には「リサイクルセンターに買取ってもらうことも大事だな」と思いました。

Comments are closed.